いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

OPENNESS(オープネス) 職場の「空気」が結果を決める

著者:北野 唯我 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):256ページ
発売日:2019/11/28
価格:1650円
分類: マネジメント・人材管理  企業経営 
キーワード: 職場  空気  結果 
評価 3.8   読者数 2.8
OPENNESS(オープネス) 職場の「空気」が結果を決める
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 オープネスの発見
  • 「株価当てゲーム」に私が猛烈にハマったワケ
  • 見えなかった「職場の空気」が可視化されつつある ほか
第2章 オープネスとは何か
  • なぜ人は社員のクチコミをのぞきたがるのか
  • 「経営開放性」「情報開放性」「自己開示性」とは何か ほか
第3章 オープネスをどう高めるか(オープネスを「邪魔しているもの」は何か;オープネスを阻む罠
  • ダブルバインド「言行不一致」が人の心を蝕む
  • トーション・オブ・ストラテジー―「戦略わかったふりおじさん」が組織を壊す
  • オーバーサクセスシェア―リーダーは失敗例こそシェアせよ) ほか
第4章 オープネスをどう使うか
  • ウサギの生存戦略に学べ
  • オープネスは「組織のカナリア」 ほか

<北野 唯我の本>