いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「ついやってしまう」体験のつくりかた 人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ

著者:玉樹 真一郎 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):328ページ
発売日:2019-08-08
価格:1650円
分類: ビジネス実用  商品開発 
キーワード: 体験  直感  驚き  物語 
評価 4.0   読者数 3.3
「ついやってしまう」体験のつくりかた 人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 人はなぜ「ついやってしまう」のか―直感のデザイン
  • どんなゲームが売れるのか
  • メッセンジャーとしてのマリオ ほか
第2章 人はなぜ「つい夢中になってしまう」のか―驚きのデザイン
  • ゲームの教科書としてのドラゴンクエスト
  • なぜ「ぱふぱふ」なのか ほか
第3章 人はなぜ「つい誰かに言いたくなってしまう」のか―物語のデザイン
  • 物語はどんな形をしているか
  • 断片的に語る、波をつけて語る、未来に語る ほか
終章 私たちを突き動かす「体験→感情→記憶」―体験デザインの正体
  • 体験と記憶、そして感情
  • 体験デザインの研究領域
巻末1 「体験のつくりかた」の使いかた(実践編)
巻末2 体験デザインをより深く学ぶための参考資料

<玉樹 真一郎の本>