いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ゲッベルスと私──ナチ宣伝相秘書の独白

著者:ブルンヒルデ・ポムゼル  トーレ・D. ハンゼン 
出版社:紀伊國屋書店
単行本:272ページ
発売日:2018-06-21
分類: ドイツ・オーストリア史  ノンフィクション  ヨーロッパ史一般 
キーワード:   秘書  独白 
評価 3.9   読者数 2.6
紹介:橘玲 
ゲッベルスと私──ナチ宣伝相秘書の独白
       

<マイリスト>

<目次>

「私たちは政治に無関心だった」―一九三〇年代ベルリンでの青春時代
「ヒトラーはともかく、新しかった」―国営放送局へ
「少しだけエリートな世界」―国民啓蒙宣伝省に入る
「破滅まで、忠誠を」―宣伝省最後の日々
「私たちは何も知らなかった」―抑留と、新たな出発
「私たちに罪はない」―一〇三歳の総括

<新聞書評>

<ブログ等>