いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ルポ 川崎(かわさき)【通常版】

著者:磯部 涼 
出版社:サイゾー
単行本(ソフトカバー):305ページ
発売日:2017-12-15
分類: ノンフィクション  社会と文化  社会学概論 
キーワード: ルポ 
評価 3.4   読者数 2.8
紹介:橘玲 
ルポ 川崎(かわさき)【通常版】
         

<マイリスト>

<目次>

ディストピア・川崎サウスサイド―中一殺害事件
不良少年が生きる“地元”という監獄―BAD HOP
多文化地区の、路上の日常と闘いと祭り―ヘイト・デモ、日本のまつり
“流れ者”の街で交差する絶望と希望―C.R.A.C.KAWASAKI、桜本フェス
路上の闇に消えた“高校生RAP選手”―LIL MAN(ttwp)
不況の街を彩る工場地帯のレイヴ・パーティ―DK SOUND
スケーターの滑走が描くもうひとつの世界―ゴールドフィッシュ
INTERLUDE―川崎、あるいは対岸のリアリティ
ハスラーという生き方、ラッパーというあり方―A‐THUG
川崎南北戦争を乗り越えた男たちのヒップホップ―FLY BOY RECORDS
在日コリアン・ラッパー、川崎に帰還す―FUNI(KP/MEWTANT HOMOSAPIENCE)
負の連鎖でもがく女たちの明日―君島かれん
競輪狂いが叫ぶ老いゆくドヤ街の歌―友川カズキ
困窮した子を救う多文化地区の避難所―ふれあい館
トップ・ダンサーが受け継ぐ母の想い―STUDIO S.W.A.G.
双子の不良が体現する川崎の痛みと未来―2WIN(T‐Pablow、YZERR)

<新聞書評>