いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

史上最強の哲学入門

著者:飲茶 
レーベル: 河出文庫
出版社:河出書房新社
文庫:344ページ
発売日:2015-11-05
分類: 思想  西洋思想  哲学  哲学史 
キーワード: 史上  最強  哲学入門 
評価 4.3   読者数 3.6
[ベスト1000冊]
紹介:山口周 
史上最強の哲学入門
       

<マイリスト>

<目次>

第一ラウンド 真理の『真理』―絶対的な真理なんてホントウにあるの?
  • プロタゴラス―絶対的な真理なんかない
  • ソクラテス―無知を自覚することが真理への第一歩 ほか
第二ラウンド 国家の『真理』―僕たちはどうして働かなきゃいけないの?
  • プラトン―哲学者こそ国家の支配者だ!
  • アリストテレス―国家は腐敗と革命を繰り返す ほか
第三ラウンド 神様の『真理』―神は死んだってどういうこと?
  • エピクロス―神様のことなんか気にしなくていいよ
  • イエス・キリスト―汝の隣人を愛せよ ほか
第四ラウンド 存在の『真理』―存在するってどういうこと?
  • ヘラクレイトス―「存在」は変化する
  • パルメニデス―「存在」は不要である ほか

<別版>

<飲茶の本>