いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)

著者:戸田山 和久 
出版社:NHK出版
単行本(ソフトカバー):294ページ
発売日:2005-01-27
分類: 科学読み物 
キーワード: 科学  哲学  冒険  サイエンス  目的  方法 
評価 3.8   読者数 3.1
科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)
       

<マイリスト>

<目次>

1 科学哲学をはじめよう―理系と文系をつなぐ視点
  • 科学哲学って何?それは何のためにあるの?
  • まずは、科学の方法について考えてみよう
  • ヒュームの呪い―帰納と法則についての悩ましい問題
  • 科学的説明って何をすること?
2 「電子は実在する」って言うのがこんなにも難しいとは―科学的実在論をめぐる果てしなき戦い
  • 強敵登場!―反実在論と社会構成主義
  • 科学的実在論vs.反実在論
3 それでも科学は実在を捉えている―世界をまるごと理解するために
  • 理論の実在論と対象の実在論を区別しよう
  • そもそも、科学理論って何なのさ
  • 自然主義の方へ

<新聞書評>

<戸田山 和久の本>