いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

文字の都市―世界の文学・文化の現在10講

著者:柴田 元幸 
出版社:東京大学出版会
単行本:228ページ
発売日:2007-08
価格:3024円
分類: ノンフィクション  文学史  日本文学研究  論文集・講演集・対談集 
キーワード: 文字  都市  世界  文学  文化 
文字の都市―世界の文学・文化の現在10講
       

<マイリスト>

<目次>

1 東京/文学・もじのとし
2 島の音・音楽に魅せられるとき―コリン・マクフィー
3 Top of the Pops・ロシアのポピュラー音楽の歴史―大衆歌謡、VIA、吟遊詩人の歌、ロック、現代のポップス
4 「意見しないでよ」・愚痴と文学
5 郊外のいま・マリー・ンディアイの世界―『パパは食べなくちゃいけない』に見られるフランス的「統合」の現実
6 違う時違う場所・過去と現在をつなぐ―アミタヴ・ゴーシュ『古の国で』を読む
7 まねる、うたう・語りなおされる古典―ホメロス、ダンテと現代詩人たち
8 宮廷・愛・『源氏物語』と『クレーヴの奥方』―ロマネスクの諸相
9 ゲットーから・ポーランド最後のユダヤ人―I.B.シンガーの失われた世界
10 パパは何でも…・家族の呪縛―二十一世紀アメリカ小説をめぐって

<新聞書評>

<柴田 元幸の本>