いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

言葉の力 -   「作家の視点」で国をつくる

著者:猪瀬 直樹 
レーベル: 中公新書ラクレ
出版社:中央公論新社
新書:214ページ
発売日:2011-06-09
分類: ノンフィクション  社会学概論  日本論 
キーワード: 言葉    作家  視点   
評価 3.8   読者数 3.3
言葉の力 -   「作家の視点」で国をつくる
       

<マイリスト>

<目次>

はじめに 国難だからこそ「言葉の力」を
第1部 「言語技術」とは何か?
  • 日本人よ、世界をとらえる言葉を取り戻せ
  • 絵画、サッカー、フィンランド―「言語技術」の実践例
  • 「課題解決力」の身につけ方
第2部 霞が関文学、永田町文学を解体せよ
  • 言葉が国の命運を決める
  • 巧妙な「霞が関文学」
  • 政治家から言葉が消えた
第3部 未来型読書論
  • 「活字離れ」防止に秘策あり
  • 電子書籍は“黒船”か?
  • 都庁白熱教室実況中継―本を読んで脳に“筋力”を
  • 読書案内1―大宅壮一と三島由紀夫
  • 読書案内2―太宰治
おわりに 「作家の視点」で国をつくる

<猪瀬 直樹の本>