いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

映画を撮りながら考えたこと

著者:是枝裕和 
出版社:ミシマ社
単行本:416ページ
発売日:2016-06-08
分類: エッセー・随筆  演劇  日本映画 
キーワード: 映画 
評価 4.1   読者数 2.8
[ベスト1000冊]
映画を撮りながら考えたこと
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 絵コンテでつくったデビュー作
第2章 青春期・挫折
第3章 演出と「やらせ」
第4章 白でもなく、黒でもなく
第5章 不在を抱えてどう生きるか
第6章 世界の映画祭をめぐる
第7章 テレビによるテレビ論
第8章 テレビドラマでできること、その限界
第9章 料理人として
終章 これから「撮る」人たちへ

<新聞書評>

<是枝裕和の本>