いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)

著者:小川榮太郎 
出版社:飛鳥新社
単行本(ソフトカバー):256ページ
発売日:2017-10-18
価格:1528円
分類: ジャーナリズム  メディアと社会  政治 
キーワード: 事件  朝日新聞  戦後  報道  犯罪 
評価 4.5   読者数 3.4
[ベスト1000冊]
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 報道犯罪としての森友学園騒動
  • 蠢動
  • 発端 ほか
第2章 籠池劇場―喜劇と悲劇
  • 稲田朋美バッシング
  • 寝返った籠池 ほか
第3章 森友問題の核心―九億六千万はなぜ一億三千万になったのか
  • 土地売却の経緯
  • 私学審の認可適当、そして土地契約の成立 ほか
第4章 加計学園―朝日新聞はいかなる謀略を展開したか
  • 朝日とNHK社会部の共闘
  • すべては朝日の隠蔽に始まった ほか
第5章 加計問題の真相に迫る
  • 隠蔽された問題の全体像
  • 新設へ―獣医師会との長い闘い ほか

<新聞書評>

<小川榮太郎の本>