いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

西南戦争 民衆の記《大義と破壊》

著者:長野 浩典 
出版社:弦書房
単行本(ソフトカバー):288ページ
発売日:2018-01-20
分類: 明治維新  日本史一般 
西南戦争 民衆の記《大義と破壊》
         

<マイリスト>

<目次>

第1章 狂気の戦場
第2章 動員される民衆(一)―軍夫
第3章 動員される民衆(二)―人夫・探偵・食糧・土地・家屋
第4章 民衆が被った災難
第5章 見世物としての西南戦争
第6章 商魂たくましき民衆
第7章 西南戦争と農民一揆
第8章 西南戦争と病気
第9章 戦後処理―救済と復興
第10章 西南戦争とは何だったのか

<新聞書評>