いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

内側から見る 創価学会と公明党

著者:浅山 太一 
レーベル: ディスカヴァー携書
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
新書:273ページ
発売日:2017-12-14
分類: 社会一般  創価学会  仏教 
内側から見る 創価学会と公明党
         

<マイリスト>

<目次>

第1章 創価学会と会社―戦後日本の都市に現れた「2つのムラ」
  • 日本の高度成長は創価学会の功徳のおかげだった?
  • 都市に生まれた「新しい村」 ほか
第2章 隠語化とサブリミナル池田先生効果―創価学会サブカル漫画からみる公明党支援の語られ方
  • 公明党支援の理由は会員ごとに様々
  • マンガから探る公明党支援の意味 ほか
第3章 信仰の、信仰による、信仰のための政治―戸田城聖の時代
  • 創価学会は政治参加をどう意義づけたのか?
  • 「国立戒壇論」と戸田の政治的発言の「ヤバさ」 ほか
第4章 組織中心主義の台頭―池田大作の時代
  • 創価学会の政治参加は「政教分離」=脱宗教化の方向に進んでいるのか?
  • 創価学会と公明党は一体不二 ほか
第5章 創価学会は成仏しました―ポスト池田時代の公明党支援の論理
  • 「創価学会の知的支柱」としての松岡幹夫
  • 存在論的平和主義とは何か ほか

<新聞書評>