いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

江戸前魚食大全: 日本人がとてつもなくうまい魚料理にたどりつくまで

著者:冨岡 一成 
出版社:草思社
単行本:365ページ
発売日:2016-05-19
価格:1944円
分類: クッキング・レシピ 
キーワード: 大全  日本人 
江戸前魚食大全: 日本人がとてつもなくうまい魚料理にたどりつくまで
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 なぜ江戸だったのか?
第2章 江戸の始まりから魚河岸ができるまで
第3章 海に生きた人々―漁業はいつどのように始まったのか
第4章 江戸前漁業のシステム―漁村の漁法と流通
第5章 賑わう江戸の魚河岸―江戸っ子のルーツを探る
第6章 日本人と魚食、知られざる歴史
第7章 関東風の味覚はどうつくられたか―魚が劇的にうまくなった理由
第8章 江戸前料理の完成
第9章 楽しみと畏怖、江戸人の水辺空間
第10章 江戸から東京へ、江戸前の終焉
付録 魚河岸の魚図鑑

<新聞書評>