いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ホハレ峠;ダムに沈んだ徳山村 百年の軌跡

著者:大西 暢夫 
出版社:彩流社
単行本(ソフトカバー):271ページ
発売日:2020/04/22
価格:2090円
分類: ノンフィクション  人権問題 
キーワード: ダム  軌跡 
評価 4.0   読者数 2.4
ホハレ峠;ダムに沈んだ徳山村 百年の軌跡
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 日本一のダムができるまで
  • 廣瀬ゆきえさんとの出会い
  • 徳山村、最後の住人の最後の日
  • 徳山ダム試練湛水
  • 静かな移転地
第2部 徳山村、百年の軌跡
  • 廣瀬ゆきえ幼年期
  • はじめての滋賀県。海を見た
  • はじめての巨大紡績工場へ
  • 結婚―開拓の地、北海道真狩村へ
  • 今井磯雄・敏子夫婦との出会い
  • 長男・陸男
  • 開拓団長・今井茂八に札幌で会えた
  • 国営のミハラ農場へ
  • 橋本から廣瀬へ
  • 徳山村にダムがやってくる
  • 徳山村は命の大地
  • ゆきえばばが、死んだ

<新聞書評>

<大西 暢夫の本>