いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

科学者たちが語る食欲

著者:デイヴィッド・ローベンハイマー  スティーヴン・J・シンプソン 
出版社:サンマーク出版
単行本(ソフトカバー):367ページ
発売日:2021/01/18
価格:1760円
分類: 暮らし・健康・子育て 
キーワード: 科学者  食欲 
評価 4.2   読者数 2.7
[ベスト1000冊]
科学者たちが語る食欲
       

<マイリスト>

<目次>

科学者が「食欲」について調べた全記録
バッタ―タンパク質のためなら「共食い」もいとわない
栄養―動物は計算なしで「ベスト・バランス」を食べる
栄養幾何学―「グラフ」にしたらとんでもないことがわかった
食欲―これは「底なし」の欲望か?
例外―人間は「動物」と違う生物か?
仮説―人間もバッタも「タンパク質」ファースト
タンパク質―「個体の長寿」か「次世代の繁殖」かの分かれ目
人間に近い種―長寿の仕組みは「イースト細胞」も「ヒト」も同じ
食環境―科学者が、命を賭して現実世界を観た結果
食環境2―それはもう、「あるべき世界」とあまりに異なる
現代―「人間」にとって破滅的な食環境
金銭欲―人間に特有の欲
肥満―「胎児」のときに運命が決まっている可能性
教訓―「正しい知識」で食べる