いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ナショナリズムの狭間から

著者:山下 英愛 
出版社:明石書店
単行本:303ページ
発売日:2008-07-10
価格:3024円
分類: 日中・太平洋戦争  日本史一般 
キーワード: ナショナリズム 
ナショナリズムの狭間から
       

<マイリスト>

<目次>

序章 ナショナル・アイデンティティの葛藤
第1章 日本軍「慰安所」制度の背景―朝鮮の公娼制度
第2章 日本軍による性的暴力の諸相とその特徴
第3章 韓国女性学と民族
第4章 韓国における「慰安婦」問題の展開と課題―性的被害の視点から
第5章 韓国における「慰安婦」問題解決運動の位相―八〇?九〇年代の性暴力追放運動との関連で
終章 ナショナリズムを乗り越えるために
補論 勤労挺身隊となった人々の人生被害について

<新聞書評>