いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ヤマケイ文庫 大地の五億年 せめぎあう土と生き物たち

著者:藤井 一至 
出版社:山と渓谷社
文庫:312ページ
発売日:2022/06/18
価格:1210円
分類: 世界史  参考図書・白書  地球科学  建築・土木工学  歴史  環境問題  科学  科学・テクノロジー  科学読み物  自然観察 
キーワード: ヤマ  ケイ文庫  大地    生き物 
評価 3.9   読者数 2.6
ヤマケイ文庫 大地の五億年 せめぎあう土と生き物たち
       

<マイリスト>

<目次>

プロローグ 足元に広がる世界
  • 生き物が土を生んだ
  • 旅をはじめる前に
第1章 土の来た道:逆境を乗り越えた植物たち
  • 地球に土ができるまで
  • 大陸移動とシダの森
  • 樹木とキノコの出会い
  • ジュラシック・ソイル
  • 砂上の熱帯雨林
  • 氷の世界の森と土
  • 奇跡の島国・日本
第2章 土が育む動物たち:微生物から恐竜まで
  • 栄養分をかき集める生き物たち
  • 腸内細菌の活躍
  • 土と生き物をつなぐ森のエキス・溶存有機物
  • 栄養分のキャッチボール
第3章 人と土の1万年
  • 土に適応したヒト
  • 水と栄養分のトレードオフ
  • 古代文明の栄枯盛衰は土次第
  • 酸性土壌と生きるには
  • 田んぼによる酸性土壌の克服
  • 里山とフン尿のリサイクル
  • 人口増加と土壌酸性化を加速させたハーバー・ボッシュ法
第4章 土のこれから
  • 土を変えたエネルギー革命
  • 木材を輸入する森林大国・日本
  • 窒素まみれの日本
  • ポテトチップスの代償
  • 味の好みが土を変える
  • 納豆ごはんと水田土壌
  • 土が照らす未来:適応と破滅の境界線

<新聞書評>

<別版>

<藤井 一至の本>

<こちらの本も見られています>