いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

目に見えない世界を歩く: 「全盲」のフィールドワーク

著者:広瀬 浩二郎 
レーベル: 平凡社新書
出版社:平凡社
新書:259ページ
発売日:2017-12-17
分類: 社会学概論  社会福祉 
目に見えない世界を歩く: 「全盲」のフィールドワーク
         

<マイリスト>

<目次>

序章 架空対談「目が見えない世界を生きる」
第1章 目が見えない人は、目に見えない世界を知っている
第2章 “触常者”という立場
第3章 盲人史研究から「さわる文化」論へ
第4章 ある当事者団体の挑戦
第5章 触る感動、動く触感
第6章 「触識」のすすめ
第7章 触角人間になろう!
終章 「ユニバーサル・ツーリズム」とは何か

<新聞書評>