いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

参謀の思考法 トップに信頼されるプロフェッショナルの条件

著者:荒川 詔四 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):280ページ
発売日:2020/06/04
価格:1650円
分類: オペレーションズ  経営理論  資格・就職・MBA 
キーワード: 参謀  思考法  トップ  信頼  プロフェッショナル  条件 
評価 3.5   読者数 2.7
参謀の思考法 トップに信頼されるプロフェッショナルの条件
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 上司は「機関」と考える
  • 従順であることは「美徳」ではない。
  • リーダーの「先」を行くのが参謀である。上司を「人」ではなく、「機関」と考える。
  • 一流の「カバン持ち」であれ。
第2章 すべては「合目的的」に考える
  • 上司とは異なる「自律性」を堅持する。
  • 「自己顕示」は非知性的な言動である。
  • 「トラブル」は順調に起きる。
  • 上司を守ろうとして貶める「愚者」になるな。
第3章 「理論」より「現実」に学ぶ
  • 本で学んだ「知識」は危険である。
  • 「理論家」に優れた参謀はいない。
  • 議論で「勝つ」という思考を捨てる。
  • 自分を俯瞰する「視点」を常にもつ。
  • 参謀は「1円」も稼いでいない。
  • コンサルタントはあくまで「使う」ものである。
第4章 「原理原則」を思考の軸とする
  • トップと「ビジョン」を共有する。
  • 仲間と力を合わせる「楽しさ」を知る。
  • 参謀は常に「自分の言葉」で語る。
  • 「原理原則」を思考の軸とする。
  • 「制約」こそが思考の源である。
第5章 人間関係を「達観」する
  • 「人間関係は悪いのが普通」と達観する。
  • 参謀が死守すべき「中立性」とは何か?
  • 結局、自然体で「仕事」を楽しむ人が強い。

<荒川 詔四の本>