いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102 (できるMarketing Bible)

著者:寳 洋平  辻井 良太  高瀬 順希 
出版社:インプレス
単行本(ソフトカバー):304ページ
発売日:2018/04/13
価格:2750円
分類: SNS・ブログ  e-コマース  ビジネスとIT  マーケティング・セールス 全般  広告・宣伝 
キーワード: 大全  成果  最強  戦略 
評価 3.7   読者数 2.4
ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102 (できるMarketing Bible)
       

<マイリスト>

<目次>

1 準備と計画―環境を知り、成功を定義する
  • 「デュオポリー」の波に乗れ―GoogleとFacebookを出稿先として確実に押さえる
  • Googleアナリティクスとの連携は必須―コンバージョンを正しく計測する環境を整える ほか
2 検索広告―機械学習の活用と自動化を目指せ
  • 機械学習に適したアカウント構成を意識せよ―広告グループの細分化は、もはや時流に合わない
  • キーワードの発想は「軸」と「サブ」で―ユーザーの頭の中心と、ニーズに向かう言葉をイメージする ほか
3 ディスプレイ広告―クリエイティブが8割、設定が2割
  • 「GDN」の成果を決める3つの変数―ターゲティング、クリエイティブ、単価を常に意識する
  • 喉から手が出るほど欲しいのは誰?―商品を購入しそうな人を2つの視点でイメージする ほか
4 Facebook広告―コンバージョンの学習が鍵を握る
  • Facebook広告で見るべき3要素と4指標―評価が高ければ「安く」「たくさん」配信できる
  • とにかく週50件のコンバージョン獲得を目指せ―最適化のための「Facebookに学習させる」ステップを踏む ほか
5 評価と改善―成長のためのCheck & Action
  • KPTで振り返り、アクションを起こせ―「良い」「悪い」と次に挑戦したいことをチームで整理する
  • 見えにくい原因はTableauで探し出す―広告データを深掘りする「Tableauのアドホックな活用」 ほか