いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

高坂正堯―戦後日本と現実主義

著者:服部 龍二 
レーベル: 中公新書
出版社:中央公論新社
新書:424ページ
発売日:2018-10-19
分類: ノンフィクション  政治入門 
キーワード:   戦後  日本 
評価 4.0   読者数 2.5
高坂正堯―戦後日本と現実主義
       

<マイリスト>

<目次>

序章 父・高坂正顕と二人の恩師―幼少期から学生時代まで
第1章 二八歳の論壇デビュー―「現実主義者の平和論」
第2章 『宰相 吉田茂』と『国際政治』―三つの体系
第3章 佐藤栄作内閣のブレーン―沖縄返還からノーベル平和賞工作へ
第4章 「三角大福中」の時代―防衛政策と『古典外交の成熟と崩壊』
第5章 国際政治の地平と中曽根康弘内閣―文明論と「日本異質論」
第6章 冷戦終結から湾岸戦争へ―「道徳は朽ち果てる」
第7章 日本は衰亡するのか―「人間の責任」
終章 最期のメッセージ―四つの遺作

<新聞書評>

<服部 龍二の本>