いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

いのちは輝く-わが子の障害を受け入れるとき (単行本)

著者:松永 正訓 
出版社:中央公論新社
単行本:236ページ
発売日:2019/10/08
価格:1760円
分類: 闘病記  暮らし・健康・子育て 
キーワード: いのち  わが子  障害 
評価 3.9   読者数 2.2
いのちは輝く-わが子の障害を受け入れるとき (単行本)
       

<マイリスト>

<目次>

1章 あなたは、その現実を受け入れることができますか?
  • 腹壁破裂で生まれて来た赤ちゃん
  • 髄膜炎の赤ちゃんに後遺症 家族の選択 ほか
2章 障害が重いから、治療をやめてもいいでしょうか?
  • 「13トリソミーならしかたがない」臍帯ヘルニアの赤ちゃん
  • 治療方針決定のクラス分けとトリソミーの赤ちゃん ほか
3章 出生前診断で命を選ぶのは正しいのでしょうか?
  • 誰もが出生前診断を受けている 胎児超音波検査
  • 胎児超音波検査による腹壁破裂の治療の進歩 ほか
4章 「人間であることに基準などはありません」
  • 世界の中の障害胎児
  • 日本が進むべき道 ほか

<新聞書評>

<松永 正訓の本>