いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

運命の子 トリソミー: 短命という定めの男の子を授かった家族の物語

著者:松永 正訓 
出版社:小学館
単行本:224ページ
発売日:2013-12-20
分類: 闘病記 
キーワード: 運命  男の子  家族  物語 
評価 4.1   読者数 2.6
運命の子 トリソミー: 短命という定めの男の子を授かった家族の物語
       

<マイリスト>

<目次>

十八年ぶりに出会う患者
眠リ続ける子、眠らない母親
朝陽の誕生
短命という名の運命
五回の手術を受けた13トリソミーの子
兄の心の中にあるもの
祖母の独白
母親の揺らぎ
在宅人工呼吸で幸福を得る―ゴーシェ病の子
我が子を天使として思えるまで―ミラー・ディッカー症候群の子
退院して一年を越える
親亡き後の障害児の将来―「しあわせの家」で
誕生死した18トリソミーの子
二歳の誕生日

<松永 正訓の本>