いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

東京裁判をゼロからやり直す

著者:ケント ギルバート  井上 和彦 
レーベル: 小学館新書
出版社:小学館
新書:220ページ
発売日:2018-01-31
分類: 日中・太平洋戦争  日本史一般 
東京裁判をゼロからやり直す
         

<マイリスト>

<目次>

第1章 “戦前の真実”“人種平等”を訴えた日本は欧米の厄介者だった
  • ルーズベルトが誘い込んだ
  • ドイツと日本に挟まれるアメリカ ほか
第2章 “戦争の真実”日本軍は、本当は恐れられるほど強かった
  • ルーズベルトは真珠湾攻撃を知っていた
  • 揺るぎない証拠 ほか
第3章 “戦後の真実”東京裁判は、裁判の名を借りた復讐劇だった
  • 天皇を処刑しようとしていた
  • 押し付け憲法が天皇を守った ほか
第4章 “現代の真実”GHQによる洗脳は中韓に利用され続けている
  • 今も色濃く残るWGIPの影響
  • 国連中心主義とは主権を放棄すること ほか

<新聞書評>

<ケント ギルバートの本>