いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

悩みどころと逃げどころ

著者:ちきりん  梅原 大吾 
レーベル: 小学館新書 ち
出版社:小学館
新書:221ページ
発売日:2016-06-01
分類: 自己啓発  人生論・教訓  倫理学入門 
キーワード: 悩み 
評価 3.8   読者数 3.2
悩みどころと逃げどころ
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 学歴―「学校って行く意味ある?」ちきりん「大アリですよ!」ウメハラ
第2章 競争―「寝てた僕が悪いんです」ウメハラ「いえいえ、悪いのは先生です」ちきりん
第3章 目的―「なにより結果が大事!」ちきりん「ん?結果よりプロセスですよ」ウメハラ
第4章 評価―「どうやったら人気が出るの?」ちきりん「自分のアタマで考えてください」ウメハラ
第5章 人生「興味を持つ範囲が広いですね」ウメハラ「ウメハラさんが狭すぎるんです」ちきりん
第6章 職業―「やりたいことがあるのは幸せ」ちきりん「いや、それ結構つらいんです」ウメハラ
第7章 挫折―「つらい時は逃げたらいいです」ちきりん「えっ、逃げたらダメでしょ!?」ウメハラ
第8章 収入―「お金じゃないのよ」ちきりん「それ、クチで言うのは簡単です」ウメハラ
最終章 未来―「目指せ、社会派ゲーマー!」ちきりん「長生きして待っててください」ウメハラ

<ちきりんの本>

<梅原 大吾の本>