いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

自分のアタマで考えよう

著者:ちきりん 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):264ページ
発売日:2011-10-28
分類: 現代思想  仕事術・整理法  人生論・教訓  認識論 
キーワード: 自分  アタマ 
評価 3.9   読者数 4.1
紹介:出口治明 
自分のアタマで考えよう
       

<マイリスト>

<目次>

序 「知っている」と「考える」はまったく別モノ―プロ野球の未来について考えてみよう
1 最初に考えるべき「決めるプロセス」―会議を重ねてもなにも決まらないのはなぜ?
2 「なぜ?」「だからなんなの?」と問うこと―合計特殊出生率が上がっても少子化は止まらないです
3 あらゆる可能性を検討しよう―日本にも格安生活圏が必要では?
4 縦と横に比べてみよう―戦後経済の縦横比較から見える日本が進むべき道
5 判断基準はシンプルが一番―婚活女子を見習おう!
6 レベルをそろえて考えよう―生活者目線で霞ヶ関の組織図を書いてみた
7 情報ではなく「フィルター」が大事―就活のための企業研究が無意味なワケ
8 データはトコトン追い詰めよう―自殺の動機トップが「健康問題」ってホント?
9 グラフの使い方が「思考の生産性」を左右する―階段グラフで電気料金の大幅削減に成功!
終 知識は「思考の棚」に整理しよう―世界の大事件、NHK、BBC、CNNはこんなに違ってた

<ちきりんの本>