いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

命の響 左手のピアニスト、生きる勇気をくれる23の言葉

著者:舘野 泉 
出版社:集英社
単行本:276ページ
発売日:2015-05-26
価格:1620円
分類: 演奏家・指揮者・楽器  ノンフィクション 
キーワード:   左手  ピアニスト  勇気  言葉 
命の響 左手のピアニスト、生きる勇気をくれる23の言葉
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 六七歳「左手のピアニスト」としての再出発
  • 行く道は一つ 左手で復帰すること ほかのことはあとからついてくる
  • ピアノが弾けなかった二年間の空白に感謝する それは、次の世界を生み出す大事な時間だった
  • 精神に胡椒が入ると「人生の達人」になれる ほか
第2章 ハンデに妥協せず音楽の本質を追究し続ける
  • 左手一本だからといって音楽に妥協してはいけない どんなに難しい曲でも練習を重ねれば、弾けるようになる ハンデだと思っていたことがアドバンテージに変わる
  • 常識ってなんだろう 父は、僕を枠にはめなかった 母は、「はみ出すくらいが面白い」と言った だから、僕はいつも人生で大きな空間が持てた
  • できるか、できないかは考えない やりたいか、やりたくないか やりたいと思ったらもう駆け出している ほか
第3章 音楽は生きる喜び 人と人をつなぐ
  • 好きなものが一つあるだけで世界が変わる 人は、強くなれる
  • 求められれば、どこへでも行く どんな会場、どんなピアノでも最高の音を響かせたい 聴く人と心を通わせたい
  • 「誰かのため」は「自分のため」より頑張れる ほか

<新聞書評>