いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス

著者:服部 茂幸 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:240ページ
発売日:2017-05-20
分類: 経済学 
偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 低成長が続く日本経済
  • 混迷する黒田=岩田日銀
  • 停滞する日本経済
  • 機能しない異次元緩和
  • 日本だけの経済停滞
  • 世界大恐慌の再検討
第2章 雇用は増加していない
  • 実体経済、雇用、労働生産性の低迷
  • 労働生産性のゼロ成長
第3章 デフレ脱却という神話
  • 輸入インフレの終焉
  • 日本銀行は責任を転嫁する
  • 誤った経済学は失敗を繰り返す
第4章 広がる格差
  • 企業業績の急回復、それが問題だ
  • アメリカ経済の何が「回復」しているのか
  • 実態なき「回復」
終章 アベノミクスとポスト真実
  • 経済学の「裏の歴史」
  • 経済の危機は経済学を進歩させる

<新聞書評>