いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

労働法入門

著者:水町 勇一郎 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:256ページ
発売日:2011-09-22
分類: ビジネスの法律  社会学概論 
評価 3.8   読者数 3.0
労働法入門
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 労働法はどのようにして生まれたか―労働法の歴史
第2章 労働法はどのような枠組みからなっているか―労働法の法源
第3章 採用、人事、解雇は会社の自由なのか―雇用関係の展開と法
第4章 労働者の人権はどのようにして守られるのか―労働者の人権と法
第5章 賃金、労働時間、健康はどのようにして守られているのか―労働条件の内容と法
第6章 労働組合はなぜ必要なのか―労使関係をめぐる法
第7章 労働力の取引はなぜ自由に委ねられないのか―労働市場をめぐる法
第8章 「労働者」「使用者」とは誰か―労働関係の多様化・複雑化と法
第9章 労働法はどのようにして守られるのか―労働紛争解決のための法
第10章 労働法はどこへいくのか―労働法の背景にある変化とこれからの改革に向けて

<水町 勇一郎の本>