いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

新しい労働社会―雇用システムの再構築へ

著者:濱口 桂一郎 
レーベル: 岩波新書
出版社:岩波書店
新書:212ページ
発売日:2009-07-22
分類: 経営管理  社会学概論 
キーワード: 労働  社会  雇用  システム  構築 
評価 3.7   読者数 3.0
新しい労働社会―雇用システムの再構築へ
       

<マイリスト>

<目次>

序章 問題の根源はどこにあるか―日本型雇用システムを考える
  • 日本型雇用システムの本質―雇用契約の性質
  • 日本の労務管理の特徴
  • 日本型雇用システムの外側と周辺領域
第1章 働きすぎの正社員にワークライフバランスを
  • 「名ばかり管理職」はなぜいけないのか?
  • ホワイトカラーエグゼンプションの虚構と真実
  • いのちと健康を守る労働時間規制へ
  • 生活と両立できる労働時間を
  • 解雇規制は何のためにあるのか?
第2章 非正規労働者の本当の問題は何か?
  • 偽装請負は本当にいけないのか?
  • 労働力需給システムの再構成
  • 日本の派遣労働法制の問題点
  • 偽装有期労働にこそ問題がある
  • 均衡処遇がつくる本当の多様就業社会
第3章 賃金と社会保障のベストミックス―働くことが得になる社会へ
  • ワーキングプアの「発見」
  • 生活給制度のメリットとデメリット
  • 年齢に基づく雇用システム
  • 職業教育訓練システムの再構築
  • 教育費や住宅費を社会的に支える仕組み
  • 雇用保険と生活保護のはざま
第4章 職場からの産業民主主義の再構築
  • 集団的合意形成の重要性
  • 就業規則法制をめぐるねじれ
  • 職場の労働者代表組織をどう再構築するか
  • 新たな労使協議制に向けて
  • ステークホルダー民主主義の確立

<濱口 桂一郎の本>