いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

渡部昇一「日本の歴史」〈第7巻〉戦後篇―「戦後」混迷の時代に

著者:渡部 昇一 
出版社:ワック
単行本:277ページ
発売日:2010-01-01
分類: 昭和・平成  日本史一般 
キーワード: 渡部  昇一  日本  歴史  戦後篇  戦後  混迷  時代 
評価 3.7   読者数 2.3
渡部昇一「日本の歴史」〈第7巻〉戦後篇―「戦後」混迷の時代に
       

<マイリスト>

<目次>

戦後はポツダム宣言違反から始まった
儀式化された復讐「東京裁判」
占領政策が多くの「敗戦利得者」をつくった
日本の歴史を奪った占領軍の「教育改革」
「占領政策基本法」だった新憲法
昭和天皇の悲劇
保守本流を支えた日米安保条約
五五年体制と自民党
共産主義を崩壊させたメイド・イン・ジャパン
日本繁栄の障害「官僚天国」
日本文明の核、皇室こそ世界遺産
日米安保の効力はなくなる日

<渡部 昇一の本>