いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

強く生きたいと願う君へ

著者:坂本 光司 
出版社:WAVE出版
単行本:208ページ
発売日:2012-02-24
分類: 自己啓発  人生論・教訓  倫理学入門 
キーワード: 生き   
評価 3.9   読者数 2.6
強く生きたいと願う君へ
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「なくてはならない人」になる
  • 「なくてはならない人」になる。それが、「力」をつけることだ。
  • 仕事を正しく定義する。そこに、「生きる道」が拓ける。
  • いま戦うことが、強い生き方とは限らない。
第2章 本質を見極める力をもつ
  • 人の器はみな同じ。そこに、何を入れるかで人生は決まる。
  • 全体を見晴らしながら、「目の前の仕事」に全力を尽くせ。
  • 現象に惑わされず、常に本質を見極めろ。必ず、自分の眼でみて、自分の手で触れなさい。
  • 耳は二つ、口は一つ。「声なき声」に耳を傾けなさい。一%の素敵な人に会いたければ、百%の人々に会いなさい。
第3章 喜びも悲しみもともにする
  • 喜びも悲しみもともにする、そんなチームをもちなさい。
  • 「強者」ではなく、「本物」をめざせ。人生に遅すぎることはない。
第4章 人生でいちばん大切なものを知る
  • 涙の数だけ、人は強くなれる。
  • 「痛み」を知りなさい。それが、君に力を与えてくれる。
  • 人生でいちばん大切なものを知りなさい。

<坂本 光司の本>