いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝

著者:ズラタン・イブラヒモビッチ  ダビド・ラーゲルクランツ 
出版社:東邦出版
単行本(ソフトカバー):400ページ
発売日:2012-12-01
分類: スポーツ 
キーワード: 自伝 
評価 4.3   読者数 3.1
[ベスト1000冊]
I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝
       

<マイリスト>

<目次>

「俺はキレたプレーをするために怒り狂ってないといけない」(2009?2010年)
「全速力で通りぬけないと悪者に捕まってしまうんだ」(1981?1998年)
「大事なことは勝つことじゃなくて、トリックプレーを見せつけること」(1987?1998年)
「あるとき、トップチームのトレーニングに参加した。俺は遠慮しなかったよ」(1999年)
「『ロナウドみたいにイタリアでプレーしたいんだ』と俺の夢も話した」(1999?2001年)
「俺は記録的な価格で売られたい。歴史に名を残したいんだ」(2000?2001年)
「俺は誰にも似ていない。ズラタンはオンリー・ワンだ」(2000?2001年)
「ハッセを許さない。ああいうことをしてはいけない」(2001?2002年)
「『やあ元気?時々街で見かけるよね』。そして最後に『赤いフェラーリの俺より』と書いた」(2001?2003年)
「マフィアだって?いいじゃないか。上等じゃないか。会わせてくれよ」(2002?2004年)〔ほか〕