いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

暇と退屈の倫理学

著者:國分 功一郎 
出版社:朝日出版社
単行本(ソフトカバー):402ページ
発売日:2011-10-18
分類: ノンフィクション  人生論  倫理学  倫理学入門  論文・評論・講演集 
キーワード: 退屈  倫理学 
評価 4.1   読者数 3.6
暇と退屈の倫理学
       

<マイリスト>

<目次>

序章 「好きなこと」とは何か?
第1章 暇と退屈の原理論―ウサギ狩りに行く人は本当は何が欲しいのか?
第2章 暇と退屈の系譜学―人間はいつから退屈しているのか?
第3章 暇と退屈の経済史―なぜ“ひまじん”が尊敬されてきたのか?
第4章 暇と退屈の疎外論―贅沢とは何か?
第5章 暇と退屈の哲学―そもそも退屈とは何か?
第6章 暇と退屈の人間学―トカゲの世界をのぞくことは可能か?
第7章 暇と退屈の倫理学―決断することは人間の証しか?

<新聞書評>

<ブログ等>

<國分 功一郎の本>