いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本人のためのイスラム原論

著者:小室 直樹 
出版社:集英社インターナショナル
単行本:448ページ
発売日:2002-03-26
分類: イスラム教  社会学概論  地理・地域研究  中近東 
キーワード: 日本人  イスラム  原論 
評価 4.2   読者数 3.0
[ベスト1000冊]
日本人のためのイスラム原論
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 イスラムが分かれば、宗教が分かる
  • アッラーは「規範」を与えたもうた
  • 「日本教」に規範なし
第2章 イスラムの「論理」、キリスト教の「病理」
  • 「一神教」の系譜―キリストの「愛」とアッラーの「慈悲」を比較する
  • 予定説と宿命論―イスラムにおける「救済」とは何か
  • 「殉教」の世界史―イスラムのジハードと中国の刺客、その相似性
第3章 欧米とイスラム―なぜ、かくも対立するのか
  • 「十字軍コンプレックス」を解剖する―現代世界にクサビ刺す“一〇〇〇年来の恩讐”
  • 苦悩する現代イスラム―なぜイスラムは近代化できないのか

<小室 直樹の本>