いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

人体、なんでそうなった?:余分な骨、使えない遺伝子、あえて危険を冒す脳

著者:Nathan Lents 
出版社:化学同人
単行本(ソフトカバー):304ページ
発売日:2019/08/10
価格:2640円
分類: 医学  科学読み物 
キーワード: 人体    遺伝子  危険   
評価 3.5   読者数 2.4
人体、なんでそうなった?:余分な骨、使えない遺伝子、あえて危険を冒す脳
       

<マイリスト>

<目次>

はじめに:みよ、母なる自然の大失態を
1章 余分な骨と、その他もろもろ
2章 豊かな食生活?
3章 ゲノムのなかのガラクタ
4章 子作りがヘタなホモ・サピエンス
5章 なぜ神は医者を創造したのか?
6章 だまされやすいカモ
エピローグ:人類の未来

<新聞書評>