いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

寝苦しい夜の猫

著者:山内 健司 
出版社:扶桑社
単行本(ソフトカバー):197ページ
発売日:2020/12/20
価格:1430円
分類: タレント本  演劇    落語・寄席・演芸 
キーワード:    
評価 3.9   読者数 2.9
寝苦しい夜の猫
       

<マイリスト>

<目次>

波乱含みの予感を胸に、最後のM‐1決戦を待つ夜
失恋ソングの作詞に明け暮れた、思春期の夜
ある夜、とてつもなく変わっていた実家について考えてみた
「おもろい山内くん」と決別した高校時代のある夜
モテ期到来!?ワンナイトラブなんかもしちゃった山内くん
やっと見つけた相方に、その夜、即行別れを告げた
かまいたち結成。“鎌鼬”の漢字を密かに練習した夜
その夜、僕は手取り450円を握りしめてパチスロに向かった
彼女と突然の別れ。100万円勝ちながらもそっと涙で枕を濡らした夜
今宵は、猫愛と妻愛をセットにして語りたい
早すぎたデビューの顛末に苦笑いする夜
キングオブコント優勝。その晩、こっそり小躍りした
今夜は、相方・濱家のことでも語ってみよう
ついに東京進出!フルスイング以外はしないと決めた夜
これからのかまいたちと、山内の密かな野望を語る夜