いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

意外と会社は合理的 組織にはびこる理不尽のメカニズム

著者:レイ・フィスマン  ティム・サリバン 
出版社:日本経済新聞出版社
単行本:336ページ
発売日:2013-12-14
分類: マネジメント・人材管理  資格・就職・MBA 
キーワード: 会社  理不尽  メカニズム 
評価 3.4   読者数 2.7
意外と会社は合理的 組織にはびこる理不尽のメカニズム
       

<マイリスト>

<目次>

序章 なぜ会社はそんなに理不尽なのか
第1章 拡大を恐れるベンチャー企業―メガネ職人とHP
第2章 研修後に二〇〇〇ドルの退職金―ボルチモア市警とザッポス
第3章 歩合給にすれば信者も増える―マルティン・ルターとP&G
第4章 イノベーションは抑圧すべし―アメリカ陸軍とマクドナルド
第5章 マネジメントは命も救う―インドの繊維工場と心臓外科
第6章 会議こそ最も大事なCEOの仕事―スティーブ・ジョブズとジェイミー・ダイモン
第7章 組織文化を守るのは高コスト―サモアの交通ルールとBCG
第8章 犯罪捜査とテロ防止は両立できない―FBIとBP
結論 アルカイダは究極の組織なのか―未来の組織

<新聞書評>