いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

核戦争の瀬戸際で

著者:ウィリアム・J・ペリー 
出版社:東京堂出版
単行本:320ページ
発売日:2018-01-11
分類: 国際政治情勢  政治入門 
核戦争の瀬戸際で
         

<マイリスト>

<目次>

もしワシントンで核テロリズムが起こったら
キューバ危機、核の悪夢
天空の火
ソビエト核ミサイルの脅威
シリコンバレーの原風景
国防次官への就任要請
「相殺戦略」とステルス技術の登場
アメリカの核戦力強化
核警報、軍縮、そして失われた核不拡散の機会
外交官としての国防次官〔ほか〕

<新聞書評>