いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

おしゃべりながんの図鑑 病理学から見たわかりやすいがんの話

著者:小倉 加奈子 
出版社:CCCメディアハウス
単行本(ソフトカバー):256ページ
発売日:2019/06/27
価格:1760円
分類: がん・腫瘍  ガン  病理学 
キーワード: おしゃべり  がん  図鑑   
評価 3.7   読者数 2.4
おしゃべりながんの図鑑 病理学から見たわかりやすいがんの話
       

<マイリスト>

<目次>

1 病理医の仕事図鑑
  • 風邪とがんの診断、どう違う?
  • がんの診断、誰がどこでどんなふうに?
  • 病理診断は「見た目」勝負? ほか
2 がんの病理図鑑1
  • 細胞の形―正常と異常の境目は?
  • 「腫瘍」の定義―「できもの」「はれもの」「しこり」?
  • 二つの「遺伝子異常」―遺伝子異常って、遺伝する異常? ほか
3 がんの病理図鑑2
  • ホルモンとがん―がんにも性差、あるのです
  • ウイルスとがん―ウイルス感染でがんになる?
  • 乳房のがん(乳癌)―多様性を実感するがん ほか

<新聞書評>