いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

実在とは何か ――量子力学に残された究極の問い

著者:アダム・ベッカー  吉田三知世 
出版社:筑摩書房
単行本(ソフトカバー):480ページ
発売日:2021/09/02
価格:2750円
分類: 量子物理学 
キーワード: 実在    量子力学  究極  問い 
評価 3.9   読者数 2.2
実在とは何か ――量子力学に残された究極の問い
       

<マイリスト>

<目次>

プロローグ 成し遂げられた不可能なこと
第1部 心を鎮めてくれる哲学
  • 万物の尺度
  • どこか腐敗していたデンマークの固有状態
  • 街なかの乱闘 ほか
第2部 量子の反乱分子
  • 流浪する物理学
  • 別世界からやって来た!
  • 科学の最も深遠な発見 ほか
第3部 大いなる企て
  • 表面下の実在
  • 量子の春
  • コペンハーゲンVS.宇宙 ほか

<こちらの本も見られています>