いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

社会契約論: ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ (ちくま新書 1039)

著者:重田 園江 
出版社:筑摩書房
単行本:299ページ
発売日:2013-11-05
分類: 社会一般  社会学概論 
評価 3.4   読者数 2.8
社会契約論: ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ (ちくま新書 1039)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 ホッブズ
  • 世界の運動論的把握とは
  • 政治社会の再構成とホッブズ問題
  • 約束の力
第2章 ヒューム
  • 秩序の起源はどこにあるのか
  • コンヴェンションとホッブズ問題
  • 政治社会と文明社会
第3章 ルソー
  • ルソーの時代診断―「政治経済論」
  • ルソーの歴史観―『人間不平等起源論』
  • 契約はどんなものか―『社会契約論』
  • 一般性と特殊性―一般意志について
第4章 ロールズ
  • ロールズのヒューム批判
  • 正義の二原理
  • ルソーとロールズにおける一般性の次元

<新聞書評>