いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本人のための平和論

著者:ヨハン・ガルトゥング 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):272ページ
発売日:2017-06-08
分類: 国際政治情勢  政治入門 
日本人のための平和論
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 日本の安全保障
  • 集団的自衛権―あと戻りできる選択か?
  • 沖縄問題―いまだ占領下にある日本
  • 専守防衛―丸腰では国を守れない
第2部 中国・韓国・北朝鮮
  • 領土問題―解決のための発想転換
  • 中国―拡張主義の背景にあるもの
  • 北朝鮮―理解不可能な国なのか?
  • 歴史認識と和解―慰安婦・南京事件・真珠湾
  • 日本の外交と防衛―4つの基本政策
第3部 構造的暴力と戦争
  • 構造的暴力―戦争がなければ平和なのか?
  • 米国の深層文化―なぜ戦争をするのか?
  • テロリズム―つくられた新たな敵
第4部 平和の文化をつくる
  • 移民・難民と日本―新しい共同体をめざして
  • 平和運動への提言―議論と勇気と創造力を
  • 紛争解決のための教育―サボナ・メソッド

<新聞書評>