いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する

著者:英『エコノミスト』編集部 
出版社:文藝春秋
単行本(ソフトカバー):380ページ
発売日:2017-04-14
分類: 人工知能  情報・コンピュータ産業  ノンフィクション  社会と文化  情報学・情報科学  社会学概論  各国経済事情  世界 
2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する
         

<マイリスト>

<目次>

第1部 制約と可能性
  • 日本のガラケーは未来を予測していた
  • ムーアの法則の終わりの先に来るもの
  • 第七の波、AIを制する者は誰か?
  • なぜデジタル革命では生産性向上がみられないか?
  • 宇宙エレベーターを生み出す方程式
  • 政府が「脳」に侵入する
第2部 産業と生活
  • 食卓に並ぶ人造ステーキ
  • 医療はこう変わる
  • 太陽光と風力で全エネルギーの三割
  • 車は編まれ、住宅は印刷される
  • 曲がる弾丸と戦争の未来
  • ARを眼球に組み込む
第3部 社会と経済
  • 人工知能ができないこと
  • プライバシーは富裕層だけの贅沢品に
  • 一〇億人の経済力が解き放たれる
  • 教育格差をこうして縮める
  • 働き方は創意を必要とされるようになる
  • テクノロジーは進化を止めない

<新聞書評>