いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか

著者:西條 剛央 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):320ページ
発売日:2012-02-17
分類: NGO・NPO  ボランティア  社会学概論 
キーワード:   仕組み    日本 
評価 4.2   読者数 3.4
[ベスト1000冊]
人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 絶望と希望のあいだ―南三陸町レポート
第2章 「ふんばろう東日本」の拡大とインフラとしてのツイッター、ユーストリーム、フェイスブック
第3章 「重機免許取得プロジェクト」―陸前高田市消防団と志津川高校避難所
第4章 半壊地域の苦境と「家電プロジェクト」の立ち上げ
第5章 「ほぼ日」と糸井重里―「西條剛央の、すんごいアイディア。」外伝
第6章 多数のプロジェクトをどのように運営していったのか?
第7章 「一戦必勝」を実現する組織づくりの秘訣
第8章 ポスト3・11に向けた人を助ける仕組みと提言
おわりに 僕の声が君に届けば

<西條 剛央の本>