いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる

著者:國貞 克則 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):272ページ
発売日:2011-02-18
価格:1620円
分類: 経理・アカウンティング 
キーワード: ストーリー  財務  入門  お金  流れ  会計  仕組み 
評価 4.1   読者数 3.0
ストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 あかね、アクセサリー販売の会社をつくる
  • 2月中旬あかねの自宅 父に会社設立の準備について教わる―法人とは何か
  • 3月初め銀行近くの喫茶店 父から100万円の出資を受ける―会社は誰のものか ほか
第2部 原宿のお店で営業開始(4月初め原宿のお店 開点に必要なお金は?―現金の管理(収支計算書)が基本
5月初め原宿のお店 広告宣伝を打ちたいけれど―売上と経費の管理 ほか)
第3部 事業は大きくなっているのに、お金が足りない!?
  • 12月中旬原宿のお点 売上をとるか、商売の信念か―経営方針をめぐる対立
  • 2月初め日本橋の事務所 年度末にお金が走りなくなる?―掛け商売の落とし穴 ほか
第4部 1年間の経営の成績表―決算と配当(3月末日本橋の事務所 年度末の棚卸しについて教わる―決算整理(減価償却、棚卸し、税金)
4月中旬日本橋の事務所 株主に対して利益をどのように還元するか―配当とは何か ほか)
第5部 財務3表の知識をビジネスの現場で使うために
  • 財務3表を正確に理解する
  • 国際会計基準(IFRS)も基本は同じ

<國貞 克則の本>