いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

享楽社会論: 現代ラカン派の展開

著者:松本 卓也 
出版社:人文書院
単行本:296ページ
発売日:2018-03-09
分類: 臨床心理学・精神分析  心理学  心理学入門 
キーワード: 現代  展開 
享楽社会論: 現代ラカン派の展開
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 理論(現代ラカン派の見取り図―ジャック=アラン・ミレールの議論を中心に;4(+1)つのディスクールについて―マルクスから資本主義のディスクールへ
性別化の式について―キルケゴールはいかにして男性側の式のリミットを超えたのか?)
第2部 臨床
  • DSMは何を排除したのか?―ラカン派精神分析と科学
  • 現代の病としての「うつ」―「現勢神経症」と資本主義のディスクール
  • 「恥の死滅」としての現代―羞恥の構造を読む
  • 自閉症をめぐるフランス的問題
第3部 政治
  • レイシズム2.0?―現代ラカン派の集団心理学1
  • 享楽の政治―現代ラカン派の集団心理学2
  • ラカン的政治のために

<新聞書評>