いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

はじめての不倫学 「社会問題」として考える

著者:坂爪 真吾 
レーベル: 光文社新書
出版社:光文社
新書:272ページ
発売日:2015-08-18
分類: 家族問題  社会一般  社会学概論 
キーワード: 社会  問題 
はじめての不倫学 「社会問題」として考える
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 不倫学入門
  • 現代社会における不倫の現実
  • 不倫を学問する
  • 不倫を歴史で考える
第2部 不倫ワクチンを開発せよ
  • 職場環境と人間関係の整備
  • 夫婦関係や家庭を壊さない婚外セックス
  • 婚外セックスを前提とした夫婦関係
  • 希望としてのポリアモリー
終章 無防備からの卒業

<新聞書評>