いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ised 情報社会の倫理と設計 設計篇

著者:東 浩紀 
出版社:河出書房新社
単行本:490ページ
発売日:2010-05-25
分類: 情報社会 
キーワード: 情報  社会  倫理 
評価 3.9   読者数 2.3
ised 情報社会の倫理と設計 設計篇
       

<マイリスト>

<目次>

第1回講演 石橋啓一郎―情報社会と二つの設計
共同討議 全体最適か、部分最適か
共同討議 新しい社会契約論の発明
第2回講演 八田真行―オープンソースの構造と力
共同討議 オープンソースという環境管理型権力
共同討議 オープンソース的組織論をめぐって
第3回講演 楠正憲―制度間競争としてのプラットフォーム形成と、情報社会のガバナンス
共同討議 デファクト・スタンダードと公共性
共同討議 無限のメタ化をめぐる問題
第4回講演 井庭崇―自己革新的な社会に向けての教育とメディア―コミュニケーションの連鎖によって「作る」ということ〔ほか〕

<東 浩紀の本>