いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか

著者:酒井大輔 
出版社:日経BP
単行本(ソフトカバー):288ページ
発売日:2020/06/25
価格:1760円
分類: マーケティング・セールス  マーケティング・セールス 全般  企業・経営  企業動向  経営理論 
キーワード: 商品 
評価 3.6   読者数 3.0
ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか
       

<マイリスト>

<目次>

はじめに ワークマンとは何者か
第1章 ワークマンを変えた男
第2章 大躍進の裏に「データ経営」あり
第3章 ものづくりは売価から決める
第4章 ファンの「辛辣な文句」は全部のむ
第5章 変幻自在の広報戦略
第6章 店づくりは壮大な実験
第7章 継続率99%!ホワイトFCへの道
第8章 「変えたこと」と「変えなかったこと」
第9章 アフターコロナの小売りの未来

<ブログ等>